• ホーム
  • ビットコインは初心者からでも始めやすい?

ビットコインは初心者からでも始めやすい?

ビットコインは初心者からでも始められます。
ですが、ビットコインには始められる事が複数あります。
例えば、ビットコインのマイニングを行いたい場合です。
マイニングとは採掘という意味で、PCの演算能力を使い、コインを発掘していく行動です。
マイニングによって手に入れたビットコインは、範囲内で自由に使う事が出来ます。使うコストは高性能なPCと電気代です。
手頃のように感じられますが、個人によるマイニングはコストが高く現実的ではありません。
現状、業者が電気代の安い国で高性能PCを多数工場に設置しているような状況だからです。
個人では太刀打ち出来ません。仮想通貨であるビットコインを現物で購入し、資産形成の一部に組み込む方法もあります。
こちらは採掘よりハードルが低く、投資としてのリスクも制限されていて初心者におすすめです。
現物購入に必要なものは、取引所のアカウント取得です。
手続きは短時間、身分証明書と顔画像をアップロードして、取引所の口座に入金すればすぐに購入可能です。
購入時の手数料はやや高めですが、リスクは購入分のみで済むので、初心者であれば少額のみで様子をみるといった投資も出来ます。ビットコインに興味がありITの技術もお持ちの方なら、ブロックチェーンの技術を学び、自身で仮想通貨を作るといった選択肢もあります。
メリットはその仮想通貨の第一人者になれる事です。
事前に自分の仮想通貨を所持していて、後に一般ユーザーが購入すればするだけ自分の仮想通貨の価値は高くなります。
高くなった所で売りぬく事で大きな資産を形成する事も可能でしょう。
個人のみならず、企業が目をつけて決済システムとして導入を検討すれば、更にビジネスの幅が広がるのは間違いありません。発掘、現物購入と比較して、一番夢のあるビットコインの始め方と言えるでしょう。
その分ブロックチェーンなどの必要な知識は他よりも多く、ハードルが高い事がネックと言えます。
要はどのような始め方をするかです。
純粋に仮想通貨が欲しいのか、現物として投資につかうのか、決済に使うのか、技術に興味があるのかなどを理解して検討していきましょう。

ビットコインのやり方講座

ビットコインを相場として捉えるなら、投資として安い時に購入して、高い時に売却する方法を身につけましょう。
まずはビットコインの購入場所です。
仮想通貨が購入できる場所は取引所です。
取引所とは購入者と売却予定者を結びつけるような場所です。注意点があります。
仮想通貨の取引所は、過去に潰れた事があります。
初心者はマイナーな取引所に登録するのは避けましょう。
送金や入金、出金に手間取る事が多く、出来れば、メジャーな取引所を選択しましょう。利用する取引所が決まったら、SNSやメールアドレスを使って、アカウントを作ります。
本人確認が必要なので、携帯番号を入力し、取引所から受け取った認証番号を入力します。
必須事項に自身の個人情報を入力し、身分証明書と自分の顔がわかる画像をアップロードします。
数日後、取引所から本人確認完了の書類が届いて手続き終了です。
口座に入金した後、ビットコインを購入すれば、現物を持った事と同じになります。ビットコイン相場は値動きが激しい事が大きな特徴と言えます。
現物取引は買った分のみのリスクとは言え、他の金融商品と比べてもそこそこのリスクをはらんでいます。
初心者は、手持ちの資金を全て現物にあてるのはやめましょう。
資金を分割して、安値からコツコツ購入していくと良いです。
手数料は多少かかりますが、リスクを分散できるメリットがあります。また現物であればリスク限定という事もあり、マイナーな仮想通貨に先行投資しておく方法もあります。
仮想通貨は1種類だけではありません。
有名なビットコイン以外で芽の出そうな仮想通貨を予めチョイスしておき、少しずつ現物で購入し、伸びるのを待つといった方法もあります。
ゆっくりとした投資方法です。
よろしければ参考にしてみてください。

関連記事