• ホーム
  • 米国株を始めるメリットは何?

米国株を始めるメリットは何?

日本だけではなく他の国の成長にも目を向けた場合、投資信託での運用もできますが直接個別の銘柄に投資をするなら外国株です。
その中でもアメリカは世界経済の中心とも言えますし、歴史的に見ても経済状況は右肩上がりですので将来の成長性にも期待できます。
投資をする場合は米国株を取り扱っている証券会社で、外国株口座を開設します。
あとは保有している日本円をドルに両替して取引をするだけです。
最初は少し戸惑いますが、慣れてしまえば日本株のトレードとそれ程大差はありません。
ある程度投資をたしなんできた初心者以外の人なら、すぐに馴染むこともできるでしょう。外国株口座を持つことの一番のメリットは、日本以外にも資産を持てるということです。
円以外の資産を直接保有することで、日本に何かあって暴落した場合のリスク分散の目的も達成できます。
世界的に暴落したリーマンショックの時も、実は一番最初に株価が回復してきたのは当のアメリカなのです。
円高になってしまえばもちろん保有する資産価値が落ちてしまうのですが、円安になる局面も当然ながらあります。
為替リスクがあるのは当たり前ですが、日本だけに資産を置きたくないと考える人に選ばれているのが米国株なのです。日本では株主優待制度がありますが、これは日本独自の制度です。
米国株は純粋に値上がり益のキャピタルゲインと、配当金のインカムゲインを狙った投資になります。
株主優待狙いの投資とは違い、米国株の時には配当利回りから選ぶ投資です。
そのため株主優待目当ての保有者がいないので、決算前に異常に株価が過熱するということはあまりありません。
日本の優待株と比べても、安定した値動きをする銘柄が多いです。米国株の場合、株主に還元していく方針が日本よりも強いため、配当金を増配し続けている銘柄は多くあります。
物よりも現金での還元のほうが、資産の増え方も早くなります。
将来に向けて資産運用する人には、無駄がないと言えます。
長期的に投資していく目線で探すのなら、安定した配当金を出してくれる高配当銘柄を選びましょう。
日本の配当利回りは平均1~2%程度と言われていますが、米国株なら4~5%の利回りの銘柄を探すこともできます。
アメリカにはすでに日本どころか世界的に名前の知られている、大手企業がたくさんあります。
初心者はまず知名度の高い企業から、購入する銘柄を選ぶと間違いがありません。

反対に米国株を始めるデメリットは?

メリットが多いように感じる米国株を始めることにも、もちろんデメリットはあります。
それは日本株と比べると取引に手間が多いということです。
まずドルと円のやりとりが必要なため、両替する時の為替の値動きが気になります。
米国株に投資するためにドルに替えようと思うのなら、為替を意識しなくてはいけません。
例えば1万円をドルに替えるのなら、1ドル100円の時には100ドルですが、1ドル120円になれば約83ドルです。
ドルに替える時には円高で、日本円に替える時は円安のほうが有利になります。
最初はこの仕組みがややこしいと感じるでしょう。
この時少ないですが、為替取引の手数料も発生します。そして日本とアメリカにある時差です。
日本の場合には朝の9時から昼の15時まで相場は開いていますが、アメリカでは夏時間は21時から、冬時間は22時からと夜から朝方にかけて相場が開いています。
リアルタイムな取引をしたいのなら、夜更かしする必要があります。
日本株のように指値をできる証券会社もありますが、成行でしか買えない証券会社もありますので、取引システムを確認することも大切です。また日本株の取引よりも、米国株は取引にかかる手数料が高いです。
日本株の時には証券会社によって手数料の優遇サービスもありますが、米国株はまだまだ比べても手数料が高いことが目立ちます。
ですからあまり頻繁な取引ができないというデメリットがあります。
長期投資の人は手数料はそれほど気にならないでしょうが、短期で売買したいという人には米国株は向いていないのです。
利益に対しても、米国株はアメリカと日本で二重に課税されてしまうため、取られ過ぎた税金を取り戻すためには確定申告の必要があり手間です。
このような手間を負担と感じないのなら、米国株はメリットの多い投資先となるでしょう。

関連記事